So-net無料ブログ作成

介護保険交付金申請ミス 大阪10市町、10億2800万円不足 (産経新聞)

 大阪市など大阪府内の10市町が、介護保険制度に基づき国から受け取る交付金の申請手続きを誤り、平成21年度の交付額が本来より計約10億2800万円少なくなったことが15日、分かった。10市町から救済措置を求められた厚生労働省は7日に省令を改正、不足額の7割を上限に今年度改めて交付する方針。10市町は残り3割を当面負担するが、引き続き国に全額救済を求める。

 申請ミスがあったのは、高所得者の割合などに応じて国が市町村に交付する「介護給付費財政調整交付金」。大阪、和泉、河内長野、松原、箕面、泉南、摂津の7市と島本、忠岡、豊能の3町への交付金計約3億900万円が救済されない見通し。府は「各自治体には積み立てている基金があり、保険料値上げなどの影響はない」としている。

 大阪市によると、今年1月、所得階層別の65歳以上の被保険者数を国に提出する際、高所得者にあたる所得額200万円以上の「第6段階」に、所得額125万円以上の約5万6千人も誤って算入。高所得者が実際より多くなり、本来なら約92億8100万円の交付金が約84億9100万円と算定された。救済後も約2億4千万円が不足するという。

 市は国が設定する標準的な6段階の所得階層ではなく、10段階に細分化しており、申請時に6段階に計算し直す際に入力を誤った。他の市町も同様のミスだったという。府は「府内の自治体には二度も確認のメールを送った。ミスは信じられない」としている。

【関連記事】
政権交代でどうなる? 介護職員の給与アップ
事前に介護への要望や家族関係記入 高齢期考える冊子「あたまの整理箱」好評
税務署ミスで府指定3法人が修正申告 誤助言も2年放置
大阪・吹田市が出生届を紛失 法務局「めったにない」
神戸市で生活保護費の過払い発覚 110世帯で計100万円

公園で高齢男性刺殺、口論の男逃走、大阪・浪速区(産経新聞)
病院の病床再び減少、160万床割り込む―3月末概数(医療介護CBニュース)
<南アW杯>鈴なり応援絵馬 愛知・白山宮(毎日新聞)
<DVD販売訴訟>差し止め支持、賠償請求は棄却 知財高裁(毎日新聞)
「富士見事件」忘れないで―被害女性たちが手記出版(医療介護CBニュース)

JR福知山線で置き石 4千人に影響(産経新聞)

 7日午後3時50分ごろ、兵庫県尼崎市潮江のJR福知山線塚口−尼崎駅間の踏切で、新三田発高槻行き普通電車の運転士が異音を感じ、急停車した。保線作業員が調べたところ、レール上に2カ所の粉砕痕が見つかった。尼崎東署は置き石とみて電汽車往来危険容疑で調べている。

 JR西日本によると、置かれていたのはレールの周囲に敷く「バラスト」と呼ばれる小石とみられる。このトラブルで同電車が現場に約15分停車したほか、上下線8本が部分運休するなど計約4千人に影響した。

【関連記事】
阪和線で置き石、1万3千人に影響 大阪・堺
「車掌の無線聞きたくて…」中学生2人が置き石
線路に鉄のふた、コンクリート…“置き石”相次ぐ 埼玉・坂戸
東武越生線が急停止 置き石4件被害
置き石か、特急が停車 福岡・JR久大線
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

不正請求などで訪問介護など2事業所の指定取り消し―三重(医療介護CBニュース)
<奈良県警不祥事>不動産会社社長が県や組長ら提訴(毎日新聞)
女優の宝生舞さんが引退(時事通信)
菅新首相「空白なく対策を」農水副大臣に指示(読売新聞)
明石の歩道橋事故、明石署元地域官ら実刑確定へ(読売新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。